こういったブログ記事を書いていると、どんな人が書いているかも、非常に重要な時代になってきています。
ネットは、情報操作のための情報が氾濫し、誰が発信したかわからない嘘の情報も多いです。
わたしゃ、こんな人です。

・博士号を持った設計者(フーミュレーター)である。日々、商品を作り続けています。科学者としてエビデンスを評価し、信頼の置ける商品設計が可能。

・原料も取り扱い販売しているので、原料業界の裏側まで熟知している。何十品目の原料輸入の経験があり、輸出事業もやっるので米国のサプリメント制度(日本との違い)にも精通している。

・広告代理店や薬事コンサルタントの経験あり。クリエイティブ/広告表現と薬事の広告考査にも熟知。今でも現役マーケッターである。稀に、インフォマーシャルの台本作りなどにも参加。

・研究者として、大学と共同研究を行い、論文投稿し続ける。

この業界には、15年も身を置いています。大学の時の博士課程の研究は、意外に役立ってます。統計解析はマーケティング分析に、化学分析は関与成分の分析や原料製法の理解に。
この業界に身を置いてから、動物試験やヒト臨床試験の道に入っていってます。

なお、今は、コンサルの仕事は、クリニックのコンサルをやってるので、受けてないと言うと嘘になりますが、基本、通販などのコンサルは受けてないです。

さて、ここからが初公開のプロフィール。なぜ、ネットのマーケティングに精通しているか?

・大学時代は、Windows95が出た時代で、IT革命が始まった頃。そんな時、大学の研究はそっちのけで、パソコンを自作したりホームページ作成ばかり。その頃からイラレやフォトショを使い始める。リクルートの情報誌「あちゃら」にも数回掲載。

・15年前、すでに化粧品通販サイトに対して、SEOを実施したり、ショッピングカートを設置。女性誌とのクロスメディア販売の基礎を作る。

ネットは、裏や根の部分から入っていったので、基本、広告は使わないのが私の流儀です。ネットのビジネスは、知らない人やできない人から暴利を貪るビジネスと考えてます。
ネット社会、ツールは増えたけど、集客の本質は変わってない。
なので、うちの会社の集客にも、ほとんど広告予算は割いてないです。ほぼ自社SEOとコンテンツマーケティングのみ。

ここ最近のテーマは、セグメントされた集客です。
このブログの内容も、戦略の一環です。