以前、特許調査の簡易マニュアルとして紹介させていただき、非常に好評でした。
特許庁の特許電子図書館を利用した調査マニュアルでした。
そして、今年3月より、特許電子図書館が特許情報プラットホームとして生まれ変わりました。

特許情報プラットホーム
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage


非常に便利になり、検索後、概要(項目表示)・申請内容(PDF表示)・経過情報・審査書類情報が1枚のシートで見れるようになりました!

特許検索

検索→概要(項目表示)→申請内容(PDF表示)→経過情報→審査書類情報
で特許を調査していけばよいです。
めちゃ楽になりました。
マニュアルなんて必要なくなっちゃいました♪

特許調査のポイントは、申請内容も重要ですが、それ以上に、、経過情報で取得されているか(拒絶査定されているか)と取得されている最終の内容です。
結構、補正されていて意味のない内容や非常に狭い内容に補正されていることも多々あります。
今回、その内容をかなり調べやすくなりました。

みなさん、使いやすくなったので、ドンドン活用していきましょう!