以前より、フィトケミカルって良く聞くけど、良くわからないという声がありましたので、今回、健康食品のフィトケミカルマップを作ってみました。

フィトケミカルマップ

基本、ポリフェノールとは、総称です。
ポリフェノールは、単量体のものと重合体のものに分けられ、単量体の中でも、フラボノイドという区分が存在します。その中に、カテキンやアントシアニン(ブルーベリーなど)、イソフラボン(大豆や葛花など)などがあります。

こうやって区分すると、名前は似ていますがアントシアニンとプロアントシアニジンが大きく違うことがわかります。
プロアントシアニジンの中でも、タンニンの重合度によって、2~4量体のOPC:オリゴメリックプロアントシアニジンなどが区分されます。米国では、このOPCが重要視されます。

フィトケミカルには、その他にニンジンのβカロテンやマリーゴールドのルテインなどのカロテノイド、ニンニクのアリシンやブロッコリーのスルフォラファンなど硫黄を含んだ硫黄化合物、高麗人参のジンセノイドや山芋のジオスゲニンなどのサポニン、キノコのβグルカンのような多糖類などが存在します。
また、茶のカフェインやカカオのテオブロミンなど、アルカロイドという区分も存在しますが、今回は入りきりませんでした。今回は、あくまで代表的なものです。

是非、参考にしていただければ幸いです。