先程の続きです。本日の記事で、具体的にどうやって特許調査すれば良いの?と質問が多かったので、簡単に説明です。
是非、活用してみてください。

まず、特許庁の特許電子図書館に行きましょう!
http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl

そして、初心者用簡易検索→特許・実用新案検索で、調べたい特許をキーワード検索したします。

そこで、特許の公開番号、タイトルが示されます。タイトルのリンク先はフロントページ(簡易表示)になっており、発明者やアブストラクトなどの出願特許の概略を見ることができます。
気になる特許の公開番号をメモしてください。(別タブの特許・実用新案広報DBにコピペでも構いません。)

その次に、再度、できれば別のタブや別ウィンドーで特許電子図書館を開いてください。
そして、トップページ特許・実用新案検索→1の特許・実用新案広報DBで、メモした公開番号を入れて、出願内容を表示します。
特許の取得状況は、右上の経過情報をクリニックすると確認できます。※下部レイヤーの出願情報で、状況が拒絶査定を受けているか、特許取得されているかの確認ができます。
その他に、拒絶査定を受けていたり、査定されていない場合や査定中の場合もあります。
下部レイヤーに登録情報があれば、特許が登録されていると考えて良いでしょう。なければ、取れていないか、査定中なのでしょう。

特許取得されていた場合、特許・実用新案検索→11の審査書類情報照会で、特許番号を入れて検索します。特許の取得内容を知ることができます。
そして、補正されて公開内容と異なることがありますので、きちんと最終の取得内容を確認しましょう!

他にもいろいろ調査テクニックがあるのですが、特許電子図書館を使い倒して、テクニックを自分で勝ち取ってみてください!