今月は、先月のランキングが公開されて早々のコメントです。

1位 コラーゲン
2位 プラセンタ
3位 グルコサミン
4位 乳酸菌
5位 酵素
6位 コンドロイチン硫酸
7位 アスタキサンチン
8位 セラミド
9位 ウコン
10位 レスベラトロール
>>先月のランキング

ランキング全体より、美容商材やロコモ商材向けの原料が多いことがわかります。
これらは、競争が激しい市場ながらも、常に新商品が作られながら、商品の回転があることを物語っています。
ニッチな市場ではなく、メジャーな市場で勝負しようと考える会社さんが非常に多いのでしょう。

弊社も、新規でプラセンタ商品を検討されるお客様からの問い合わせが後を絶ちません。
最近は、剤形に工夫が施されますね。

一方、この市場を新規に攻めるには、既存商品と如何に差別化するかがポイントになってきます。
既存で勝っている商品は、レスポンス広告が確立されており、クロージングの体制も整っています。商品の段階で勝っていなければ、そうそうこの市場に食い込めません。
この市場は、常に新規参入があり、そして敗者が去り、イノベーションを起こした会社だけが生き残っていくような市場なのでしょうね。

レスベラトロールは、想定内の下落。

一言で言うならば、ブームは静かに終息。
レスベラトロールの原料は、今、役割が主材から副材へと変化しています。クリエイティブの表現面に優れ、安心して利用ができ、比較的安価な原料が安定的な市場を確立すると考えられます。

アスタキサンチンやウコンは、前回の通り。供給面の問題が反映されてます。
こういった時、注意すべきは、品質の低下。酷い原料が出回りやすい環境です。

例えば、ウコン抽出物は、有機溶媒の酢酸エチルが検出されることも少なくはないです。酢酸エチルで抽出すれば、収率も良いので、コストを抑えれますから。
でも、なかなか判別できない問題点もはらみます。

さてさて、来月には、レスベラトロールもランキング外に移行しているでしょう。
次の流行が見えにくい時代になりました。
さて、次は、いつ、何が流行るやら・・・。
でも、他力本願にならず、流行を作っていかなければならない時代が来ているのだと思います。
がんばって道を切り開いていきたいと思います!