ここ最近、健康食品通販業界で商品原価のトレンドが変化しています。

特に、関節ケアサプリメント。
最も成熟し始めているが、リピート商材でありながら、お客が次々と新しい商品に浮気してしまう傾向が強い商品です。

どう変化しているのか?

それは、30%くらいの商品原価で始め、できる限り25%に近づける傾向があります。
体感し易い、圧倒的な商品力で攻める傾向が強くなりつつありますね。

某ブルーベリー商材も25%弱の原価率と商品力で市場を大きく取っています。
もしかすると、健康食品の原価率は、15%前後から25%前後に変化していくかもしれませんね。

後出しじゃんけんは、負けません。
後発の強みですね。

まあ、先発は先発で強みがあります。今後、後発の会社に負けない商品戦略を構築していくか・・・大きな課題ですね。