健康食品サプリメント原料・OEM製造業界 生き残り術

健康食品サプリメントの受託製造加工;OEMや原料供給を行う栗山雄司(広告代理店経験のある博士マーケッター)のブログ。原料クリエイティブからの商品設計ノウハウ、最新研究データ、機能性表示食品、食品表示法・薬機法・景品表示法、中国を始めとした海外展開の話など

機能性食品素材で介護のない幸せ笑顔あふれる世の中を作ることがです。そのためには、素材の研究開発とマーケット創造の両方が不可欠です。
本ブログでは、その理想像を追い求めながら、その実践で得られた市場での生き残り術を紹介していきます。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーターとして、日々、健康食品サプリメントを作ってます。
近年は、機能性表示食品にも力を入れております。

仕事のご依頼がございまいたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

数のクリエイティブに対する規制強化の可能性

今回は、さらに広告表現に突っ込んだ話です。

例えば、クリエイティブ表現には、量の表現数の表現というものがあります。
量の表現に関しては、景品表示法で根拠を徹底的に求められます。しかし、数の表現に対しては規制が甘いという事実があります。
もっと具体的に例を挙げると、

数の表現:20種類のダイエット成分を配合!
量の表現:ラム肉が2kg分のカルニチン配合!

どちらが良く見えるでしょう?
今のグレーゾーンでは、数の表現の場合、数の表現を行う場合、各配合量の表示まで求められません。
仮に、極極僅か(0.01mg)づつしか配合されていなくても、数の表現が謳えていまいます。
限りなく優良誤認のような商品も多く存在します。
実際、20種類近くの成分が1mgづつ配合され80%が糖類の美味しいダイエットサプリが売れてたりします。もちろん、各成分の配合量の記載はありません。
これが法の抜け道です。

一方、パッケージレベルでは、強調表示をする場合、それがビタミンやミネラルでなくても、強調する成分の含有量表示も行うように!という指導がいくつかの自治体で行わらるようになってきています。
※ビタミンやミネラルは、強調表示をした場合、含有量を表記しなければ健康増進法違反になります。
そうなると、微量しか配合していない成分の羅列表示(パッケージ上の数の表現)をした場合、すべての成分の含有量を表示しなければならなくなります。
おそらく、近い将来、この数の表現に関しても、大きくメスが入る日は近いと考えています。
今後、こういった指導や規制がインターネット広告を始めとした広告表現でも起こりうると考えています。
(それでも、数の表現に法の抜け道はありますが…。)

ある意味、この動きは、配合量が多い良い商品を消費者が選びやすくなる手助けになります。表示広告表現の公平性をもたらすと考えています。
厳しくなることは、むしろ、好ましいことだと考えます。

こういった動きになると、コスパベースの価格競争が激化します。
そうなると、今後、売れている商品の現実ともかけ離れる適性原価率15%という神話も、完全に崩れると考えています。
今後の商品の原価・価格設定の戦略も先を読んでいかなけれならないです。

我々も、商品開発では、常にコストとの葛藤です。
美や健康をもたらせる少しでも良い商品を作ろうと努力しています。
原料を取り扱うのも、安く良い商品を提供するためでもあります。良い商品ほど、原料原価の割合が大きくなりますからね。
商品供給からお客様の成功をサポートするため、日々努力しております。
今後も、頑張ります!

表示広告毎の規制レベルと今後の変化

少しづつ、販売側の話にシフトです♪

健康食品の販売に関わっていれば、徐々に何となくわかってくることがあります。特に、販売者さんや広告代理店さんが。
その一つは、表示や広告毎の規制度合いの差です。

まず、一言。パッケージ関係は最も厳しいです。これは、今後も不変でしょう。今後、さらに厳しさを増すので、さらに気を引き締める必要性があります。

一方、広告や同梱物などは、ある程度の裁量というか、規制の甘い部分がありました。
また、広告媒体間でも、規制度合いの差が存在します。そのため、媒体毎に考査/審査のレベルも異なります。
例えば、テレビ媒体を一つ取っても、地上波とCS・BSでも異なります。
新聞媒体でも、一流紙と二流紙では大きく違いますし、新聞への同梱媒体などになると、ガクンと考査/審査のレベルも下がります。(トマ美ちゃんは甘いとこらを刺されました。)

そして、今まで野放しで、最も規制が甘かったのは、インターネット媒体です。
今は、まだ落ち着いた方で、スマホでなくモバイルでの販売が全盛の時は、アホじゃないのか?と思うくらい、酷い広告がありました。

ここ最近、大手のインターネット媒体でも、規制が厳しくなってきています。
一方、管理しきれないらしく、薬事法には厳しいが、景品表示法や健康増進法には甘い傾向が見受けられました。

今、この媒体毎の規制度合いが大きく変化し始めています。
私の予想では、景品表示法や健康増進法も含め、インターネット媒体も紙媒体レベルの規制になっていくだろうと考えております。
ここが一番の変化であり、効果をほのめかすような表示や広告は一掃される可能性があります。

一方、このように表示や広告の規制レベルが上がったとしても、販売者は、勝つために攻め続けなければなりません。販売側の辛いところです。
今までもそうだったように、攻めながらも時代に合ったコンプライアンスマネージメントで、バランスの良い攻防を行わなければなりません。
大事なのは、どんな媒体であれ規制度合いの見極めだと思います。

さて、こういった規制が度を超え出すと以下のようなことが起こります。

・製造や販売の前にクリエイティブチェックが必要になる。
・商品コスパと会社への信頼だけの比較になる。
・商品原価率が高いものだけが生き残り、販売者の収益性も落ちる。
・クローズド販売のような法の規制を受けにくい販売が伸びる。また、ドラックストアなどの勝ち組商品も伸びるであろう。広告媒体型通販、冬の時代へ。

しんどいですよね・・・。
でも、その前に、機能性表示制度もまとまってくるでしょう。
再び変化です。
まさに今、業界は分岐点に立っているのです。

結局、この変化を見極めて適正な行動をした会社さんが勝ち残るのだと思います。
それは、販売者さんだけでなく、原料屋さんもOEMさん屋もそうだと思います。
みなさん、頑張りましょう!

仕事のガイド
35万アクセスを超える前のノウハウを凝縮したブログ記事ガイド
ブログガイド

業務効率化の神ツールを紹介!
業務効率化ツール
各種マニュアル

成熟する健康食品サプリメント業界、勝てるセオリーで商品を作り、業務は効率化する!が非常に重要になってきております。是非、参考にしていただければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

趣味のガイド
競技空手研究
国内外を問わない空手の動画の解説や練習方法、グッツの紹介など
今のテーマはヨーロピアン空手
>> 國際松濤館 若草支部


ボクシングシューズ&コンプレッションまとめ
オススメの1足・1着を紹介!

新宿ラーメンバナー
新宿にお越しの際は、是非、参考に!
記事検索
著書&顧問先
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ

<わたしの顧問先>
クリニカメディカ/髪のクリニックSeed
Y'sサイエンスクリニック
顧問先Y'sサイエンスクリニック
ギャラリー
  • 滋養強壮成分ジオスゲニンと男性機能
  • 新しい生活様式やニューノーマルで世界が変わる
  • 緊急事態宣言に発見できた勝ちモデルの種
  • 鉄強化された豆の摂取による貧血改善と生物学的栄養強化
  • アフターコロナの新しい働き方と働き方改革
  • 新しい生活様式での楽しみ方
プロフィール

博士(水産学) 46歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。
博士論文は海洋プラスチックごみがテーマ。
プロフィール詳細は、カテゴリー最下段より。

カテゴリ別アーカイブ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


日本抗加齢協会の機能性食品のデータブック


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。

健康食品通販オススメ書籍
アフィリエイトプログラム
本ブログは、Amazon アソシエイト・プログラムやバリューコマースを利用しています。オススメ書籍やスポーツ用品を示すのに活用しております。+マーケティング調査のためです。

良い商品はオススメしても、本プログラムで儲けるつもりはないため、スポーツ用品などは、Yahoo!ショッピングや楽天も含め、最も安いショップでご購入いただければ幸いです。